2006年09月23日

なぜ『国旗』を辱めるのか?

[国旗国歌]都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決 (毎日新聞)


 国旗掲揚の際の起立や、国家斉唱の強制は思想・良心の自由を
侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委を
相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた
訴訟の判決が21日、東京地裁であった。

裁判長は「強制は違法、違憲」と判断、一人当たり3万円の慰謝料の
支払いを命じた。 

---------------------------------------------------------------

全く理解に苦しむニュース.

“日本人”として,国旗,国歌は『誇り』のはず.

それができないなら,日本にいなければいいのに.
そんな連中が教員だとは...

公務員として給料もらってる以上,それって『職務放棄』
なんじゃないの?

まだ,生徒が『強制されてイヤだった』とか言うなら,
話がわかる.

でも,教員が言っちゃう所がスゴスギ.


じゃあ,『日の丸』って何なのよ!ってことですよ.

ははあん,わかった!
『日の丸』こうやって使え!ってことですね.



004korea.jpg

001korea.jpg



<関連サイト>

エイッ~! かんしゃく爆発:この判決は、おかしいと思います!

自称:韓国人留学生のブログ.
電波出しまくりのトンデモブログですが,
この記事だけは珍しくマトモ.


[国旗国歌]小泉首相が違憲判決に疑問 毎日新聞

 小泉首相は21日、入学式や卒業式で日の丸に向かっての
起立や君が代斉唱を強制したことを違憲とした判決について

「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や
国歌に敬意を表すというのは」と述べ、疑問を投げかけた。

思想・良心の自由については「裁判でよく判断していただきたい」と
述べるにとどめた。



「他国旗焼くのは偏狭」 安倍氏、中韓を暗に批判
 産経新聞

 安倍晋三官房長官は4日、福岡市での自民党九州ブロック大会で、
対アジア外交に関連し

「健全なナショナリズムと、偏狭なナショナリズムのどこが違うか。
偏狭なナショナリズムは、国旗を振って国歌を歌うことでなく、外国の
国旗を焼いて、破ることだ。こういう国に日本はなってはいけない」

と述べた。
小泉純一郎首相の靖国神社参拝や歴史認識問題などに対する中国や
韓国国内のこれまでの動きを暗に批判した発言だ。

 自らの靖国神社参拝に関しては「外交、政治問題に発展させようと
するよこしまな人たちがいるなら、今何も宣言する必要はない」と強調、
参拝するか否かを事前にも事後にも明言しない姿勢をあらためて示した。

posted by Ojiron at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24188382

この記事へのトラックバック

国旗・国歌 強制は違憲  違憲判決
Excerpt: 卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京...
Weblog: 日本国再生論
Tracked: 2006-09-22 02:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。