2006年09月28日

日本軍'慰安婦' 強制動員 を証明するつもりが...

enjoy Korea」というサイトがあります.
韓国のNHNという会社が運営しており,“翻訳機”を介して,
日本からも韓国からも,同じ掲示板に投稿することができるサイトです.

日本国内ではやっていて,韓国ではなじみがないこととか,文化の
違いとか,見ていて結構面白いサイトです.

でも,歴史認識に関しては,どうしても日韓で差が歴然としていて,
どうしてもお互いが「中傷合戦」になってしまうんですよね.



昔から言われている「従軍慰安婦」の問題についての
投稿が盛り上がっているので,紹介します.


その前に,「従軍慰安婦」についてちょっと説明を.


韓国側の言い分としては,日本軍が強制的に女子を連れ去り,
慰安婦として働かせたってこと.

日本政府としては,一度公式に謝罪したことがあります.
河野洋平官房長官(1992年)

1992年の宮澤喜一改造内閣で官房長官として、後々まで激しい議論を
巻き起こしたいわゆる「従軍慰安婦問題」での日本政府の責任を認めた。

しかし、後に河野自身が「政府の調査により従軍慰安婦の事実は認められ
なかった」、だが韓国側の「被害者を名乗る女性達の名誉の為に認めて
欲しい」との依頼に応じて、この問題を安易に認めたことを明らかにした。
この事実は当時の政府関係者も認めている。
-------------------------------------------------


という,ちょっと複雑な状況...

韓国側からの圧力で,安易に謝罪してしまった訳ですね.
(日本人の簡単に謝る悪いクセです...)

実際には,「慰安婦」については,存在は認めているけれども,
軍の関与はなかったという認識です.

もともと,従軍慰安婦を初めに史実だと言い出し,問題を“作った”
張本人は捏造を暴かれて,本人自身が『全てフィクションでした』と
認めています.

→wikipedia:慰安婦
 強制連行問題 の項より-------------

1982年:吉田清治が第一次樺太朝鮮人裁判で朝鮮人の奴隷狩りを証言。
1991年:韓国で初めて元慰安婦であることを証言した金学順が日本政府に
謝罪を求め東京地裁に提訴.

そんな中、強制連行についての捏造発覚、秦郁彦が吉田証言を虚偽と
指摘するなど(吉田自身が矛盾を認めた)、「強制連行はなかった」とする
主張が目立ち始めた。
1990年代、慰安婦の強制連行について議論が盛り上がることとなる。
最終的に、「狭義の強制連行はなかった」「従軍慰安婦という呼び名は
使われていなかった」との確認で、日本国内では一旦議論は幕を閉じた.
-------------------------------------------------------------------



ちなみに軍人に対する売春に従事した婦女は日本に限らず,
世界各国で当然のように存在していました.

ベトナム戦争時にも,韓国から「慰安婦」の派遣があったようです.

自国にも存在したにもかかわらず,日本のケースのみを
韓国や中国が殊更取り上げることについては,政治的なカードとして
利用するプロパガンダであると指摘されています.

  →wikipedia:慰安婦




そこで,韓国側の人からの投稿でこんなものがありました.


日本軍'慰安婦' 強制動員 (enjoy Korea)



現在日本政府が責任逃れをする重要な論理中の一つは日本軍‘慰安婦’が
自発的に戦地に行ったというのだ.

日本軍と管の介入はなかったし, 動員過程で強制性も全然なかったと
主張する.

日製は管の直接的な介入は最小化して民間業者を選抜して彼らに
‘慰安婦’を募集して統制するようにした.

業者たちは募集人を利用するとか自分たちが直接出て女性たちに
近付いて就職をさせてくれるとか,良いお金儲けがあると欺いて
女性たちをひいて集めた.

日本軍 ‘慰安婦’ 被害者大部分がこの言葉について行ったと
証言しているほどに ‘慰安婦’ たちは貧しい家庭出身だった.

特にこれらの中で慶尚道や全羅道など農村出身が多かったという事実は,
これら地域を含めた農村地域が,植民地期間の間極甚な貧困に
苦しんでいたという事実を物語っている.

植民地女性たちの貧困な境遇を利用して就業を餌で誘惑し, 何の情報提供も
なしに彼女達をこれらを慰安所に連れて行ったという点で,就業詐欺も
厳然に強制動員の一環だ.


朝鮮総督府が学校や官庁を通じて勤労精神隊員で女性を動員してから日本軍‘慰安婦’で越す場合もあった. 従軍慰安婦という公式的な労務動員組職を通じて女性たちを公開的に徴発してこの女性たちを隠密に日本軍‘慰安婦’に送ったのだ.

その他に 供出や奉仕隊, または勤労台という名目で女性たちを動員してから
日本軍慰安所に行かせる場合も多かった.

日本軍‘慰安婦’の動員には,このように総掛かり体制下の各種労動力
動員制度が合法的に活用されたりしたのだ.

そして今日日本は日本軍‘慰安婦’ 女性の ‘不法的な’ 動員はなかったと
主張している.

戦争が追いこみで走り上げ始めながらは,軍と警察が出て暴力的に女性を
拉致したりした.

総力戦体制下の統制強化が警察の無差別な連行を助長した.

一方日本軍‘慰安婦’が必要だという展示状態の日本軍の要求が
このような公権力の物理的暴力を許容したりした.



img03_02.gifimg03_03.gif

----------------------------------------------------------

ところが,投稿された写真には,「慰安婦大募集」の文字が...

韓国は「ハングル文字」なので,漢字が読めないと,こういう訳でした.

日本の「強制連行」の資料のつもりが,「強制連行はなかった」という,
とてもいい資料になってしまいました.

月給:300円以上 と書いてあります.

これは非常に高額で,女性の工場労働者は20円から50円くらいしか
稼ぐことが出来なかったそうです.


だた,親が買ってに申し込んだり,朝鮮人の業者が
女性をだまして連れ去ったりした事実はあったそうですが.



胸を張って,声を大にして言いましょう.

「慰安婦には,日本政府は関知していなかった」と.
 


---------------------------------------------------------------
音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ

キューブ 2006-07-26
売り上げランキング : 9545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Ojiron at 11:09| Comment(1) | TrackBack(1) | 韓国への反論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは今までの動画の中でも最高の騎乗位だった。 おかずにはもってこいだな。またくるよ。
Posted by 佐伯日菜子 ヘア at 2013年06月13日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24552741

この記事へのトラックバック

日本軍'慰安婦' 強制動員
Excerpt: 日本軍'慰安婦' 強制動員 現在日本政府が責任逃れをする重要な論理中の一つは日本軍‘慰安婦’が自発的に戦地に行ったというのだ. 日本軍と管の介入はなかったし, 動員過程で強制性も全然なかった..
Weblog: enjoy Korea うおっちんぐ。
Tracked: 2006-09-28 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。