2006年10月11日

『あいまい戦術』の真意は伝わったのか?

【社説】ようやく実現した韓日首脳会談(朝鮮日報)

9日、北朝鮮による核実験の衝撃の中、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と
日本の安倍晋三首相による首脳会談が開かれた.

 両首脳は会談後に予定していた共同での報道文の発表を土壇場で中止した。

共同記者会見も開かれなかった。

代わりに別々に記者会見を開き「それぞれの立場」を明らかにした。
具体的な合意や共同決定にまでは至らなかったということになる。

 しかしながら、今回の会談は袋小路に突き当たっていた韓日関係に
正常化の糸口がもたらされたという点で意義深いものだ。

 韓日両国の関係は、小泉前首相の靖国神社参拝問題や歴史教科書の歪曲
(わいきょく)問題、独島(日本名竹島)問題などで昨年の初めから
正常な外交関係がほぼ断絶した状態が続いていた。

こうした外交上の対立は、北朝鮮の核開発問題をはじめとする差し迫った
懸案に対する両国の共同歩調を妨げ、北東アジアの安定を阻害する要因と
なってきた。

 韓日首脳は今回の会談で北朝鮮の核実験について、「決して容認できない
という認識で一致を見た。異論はなかった」と明らかにした。

また盧武鉉大統領は「今後も韓日や韓米日の枠組みで協議を継続していく
ことで合意した」と語った。

 今後は「共通の認識」を「行動の一致」につなげていけるかどうかが
カギとなる。

靖国神社参拝について安倍首相は「政治・外交問題となった以上、『行く』
『行かない』といった話はしない」としながらも、「植民地支配と侵略戦争
について謝罪した村山談話(1995年)と、従軍慰安婦の存在を認めて謝罪
した河野談話(1993年)を踏襲する」とした。


 盧大統領も「即答を要求しはしなかったが(靖国神社には)
当然行かないと思う。
対話を通して解決していく」とし、
「適切な時期に日本を訪問する」と明らかにした。

 ひとまず両首脳は閉ざされていた対話のチャンネルを開いたことになる。
今後の課題は、これをいかに実践していくか、ということになる。

 安倍首相の「行く、行かないといった話はしたくない」といったあいまいな
表現では現在の事態の解決にはならない。

せいぜい悪い状況を避けるのが精いっぱいだろう。北東アジアの繁栄のため、
そして日本自身のためにも、決断を下さなければならないだろう。

-------------------------------------------------------------------

靖国に『行く,行かない』をはっきりさせないアベチャンですが,
それなりに効果があったと思っていました.

小泉さんのように,堂々としちゃうのは,国民としては喜ばしいこと
ですが,サヨク的な人や中韓が,ダダをこねてしまい,『靖国』だけに,
議論が集中してしまいがちです.

他にももっともっと,大事な議論があると思うんだけどな.

アベチャンの戦法として,とりあえず“あいまい”にすることで,
『靖国』を保留できてるような気がします.

官房長官時代から,靖国参拝はしてるんだし,これからもしようと
思ってるはずなんですよね.

要は,“あいまい”にすることが,『靖国反対派』への配慮の
現れなんですが,ノムさんの場合,思いっきり勘違いしちゃってますから.

まあ,韓国側の言う,『靖国』,『歴史教科書歪曲』,『竹島』については,
全くの妄言なのははっきりしていますから,言うべきことをちゃんと
言わないと...

真意が伝わらないなら,今までの『土下座外交』と変わらないんだし,
そうじゃないと国民が思ったからこそ,首相になれたんだと
思うんだけどなあ.
posted by Ojiron at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25245008

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。