2006年10月23日

サッカーの日本サポーターについて

2002年,日韓W杯の時の,日本サポーターの
心温まるエピソードを紹介します.



フーリガン不発、温かく迎えられ騒げず(日刊スポーツ)

 「一人の逮捕者も出さなかった」。3日付の英各紙はW杯のイングランド
第1戦が行われた 埼玉スタジアムでフーリガン(暴力的なファン)が
現れなかったことを大きく伝えた。

 ミラー紙は、スタジアムの日本人のうち少なくとも3万人がイングランド
を熱狂的に応援したと 伝え、約5000人の英国人ファンは彼らのイング
ランドへの「崇拝にも似た傾倒ぶり」に圧倒され、友好的に振る舞うしか
なかったと分析。

 サン紙も、ベッカムの人気もあったが、日本人にここまで温かく迎えられ
ては騒ぎようがない、 という調子だ。

 インディペンデント紙は、規則をきちんと守らせる点で日本を上回る国は
ないと伝えた。


-------------------------------------------------------------

読売新聞 2002/06/11 掲載記事

【ロンドン10日=土生修一】辛口で定評のある英国メディアが、W杯での
日本人の対応を手放しで褒めちぎっている。

「日本人の品行の良さには驚いた。こっちも影響され、野外パーティーが
終わると自分から掃除していた。こんなことは初めて。今まで、なんて自分
勝手な国に住んでいたんだろう」。


9日付の英高級紙サンデー・テレグラフは、W杯観戦で来日した英国の若者
のコメントを紹介、「日本体験が英国人に集団治療のような効果を発揮して
いる」と報じた。

「3万人以上の日本人が英国国歌を歌ってわがチームを熱狂的に応援した。
顔中、イングランド旗にした日本人もいる。私の頭がおかしくなったのでは
ない。これは本当なんだ」(大衆紙デイリー・ミラー)


日本人は、他の外国チームにも好意的だとする論調も目立つ。

「カメルーン戦は劇的な引き分け。仕事を終え午前2時に宿舎に戻ると、
従業員たちが屋外で拍手で迎えてくれ、大感激した」(アイルランド記者)、

「日本と同じグループなのに、どこへ行っても応援してくれる。信じられ
ない」(ベルギー選手)


英各紙は、この全方位外交が各国のサポーターにも影響し、対戦チームの
サポーター同士が記念撮影したり、談笑するなど、欧州では考えられない
光景が各地で見られ、フーリガンが出る幕はないとの特派員記事を掲載。

経済紙フィナンシャル・タイムズも、「日本人は、憎しみなき熱狂で、
W杯をより豊かにしてくれた」と最大級の賛辞を送っている。

-------------------------------------------------------------------

サッカーのサポーターは,万国共通で熱狂的ですが,
日本のサポーターの振る舞いは,海外からは好意的に
受け止められたようです.


ちょっとミーハー的なこともあるでしょうが,
日本が褒められるのは,ウレシイことですね.

posted by Ojiron at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の誇り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。