2008年03月24日

大東亜戦争とマレー人


大東亜戦争とマレー人

http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page046.html


イスマイル・ビン・ラザク氏 
1927年マレーシア ペナン生まれ 78歳
荷役会社を元経営 現在もペナン在中 一女の父

日本語タイ語を理解する イスラム教徒マレー人である。



 ― 1941年12月8日に大東亜戦争が開始され、パールハーバー攻撃
とともに英領マラヤのコタバルに日本軍が上陸しましたが、
その当時、マレーの人はどのような気持ちを持っていましたか。
 


イスマイル 
 ― 当時はマレーシアという国ではなく、イギリスの植民地で
マラヤと言っていました。
マレー人とイギリス人はうまくいっていませんでした。
イギリス人はマレー人を押さえつけて、国の仕事にはもちろん
マレー人は就けない、マレー人が働いても僅かなお金しか
貰えなかった。
教育も受けられない。マレー人に力はなかったのです。
一人の人間として認められることはなかった。
人間らしい生活はなかったのです。
いつの日にか自分たちの国にしようという思いはマレー人に
ありました。




 ― 日本軍がコタバルに上陸したときどのように思いましたか。

イスマイル
 ― 当時は今と違ってすぐに情報は伝わりません。
ラジオもない、イギリスの新聞はあったがよくわからない。
状況は人から人と口伝えで伝わってきたのです。
イギリス軍を撃破して進む日本軍に私たちは歓喜しました。
日本人が我々マレー人をたすけに来た。
ほんとうに嬉しかった。
マレー人は日本軍を歓呼して迎え入れて協力したのです。




 ― それはイスマイルさんの気持ちですか。

イスマイル
 ― 私だけでなく、当時のマレー人の気持ちです。




 ― 日本軍は誰と戦い、誰が死にましたか。

イスマイル
 ― マラヤにはあと中国人がいました。これは町で商売など
やっていましたが、日本軍が来るとジャングルに逃げて
日本軍と戦いました。ですから中国人は死んだでしょう。
しかしマレー人は死んでいません。




 ― 「プリンスオブウエールズ」 「レパルス」の撃沈を
知っていますか。

イスマイル
 ― 人伝えで知って、その後新聞に出ました。みんな喜びましたよ。




 ― ペナンに日本軍が来た時の状況を教えてください。

イスマイル
 ― 当時私は15歳でした。
ペナンにはイギリス軍がいましたがある日、日本軍の飛行機が
偵察に来て、その後20機が爆弾を落としていった。
これはイギリス軍の基地だけ攻撃した。
その様子を目の前にして、見て私たちマレー人は感動しました。
私たちはイギリス人に蔑まれ虐められていたのですから。
お前らはバカだ、人間じゃあないと。
ほんとうに日本軍に感謝しました。




 ― その後ペナンに日本軍が進駐しましたが、マレー人を
差別したり虐めたりしたことはありましたか。

イスマイル
 ― まったくありません。
日本軍は私たちに学校教育をうけさせてくれた。
日本軍の先生がマレー語で教えてくれました。
仕事もできるようになり、給料もちゃんと払ってくれた。
イギリスがいたときとは全然違います。
イギリスは私たちに教育や仕事をやらせなかった。
日本人はマレーをマレー人に任せるようにしたのです。
その時のマレーと日本の約束は「お互いに協力していこう」と
いうことでした。
マレーは良くなったのです。中国人はジャングルに逃げたままでした。




 ― その後イスマイルさんはどうされましたか。

イスマイル
 ― 17歳で日本海軍に入りました。募集していてテストを
受けたのです。
人気がありました。競争率も高かったはずです。
そしてSYOUNANTOU(シンガポール)に行きましたが、この
ペナンでは25人の青年が行きました。
マレー全体13の州から何人でしょう、人数は正確ではありませんが
300人くらいはいたでしょうか。
SYOUNANTOUにはマレーの青年のほかに、インドネシアの16歳、
17歳の優秀な青年もたくさんきていました。




 ― 日本海軍ではどんな職種でしたか。

イスマイル
 ― 英語の無線を傍受して日本語にする仕事です。
潜水艦にも乗りましたし軍艦にも乗りました。
インドネシアの方までいきましたよ。
給料は一月300円でしたが、日本軍人と比べても十分なお金でした。
食べ物も十分ありました。マレー人と日本人との間に
問題はありませんでした。
偉い人の名前はニシハラさんです。




 ― 1945年8月15日にDAITOUASENSOUが日本が負けて
終わりますが、ペナンではどんな状況でしたか。

イスマイル
 ― ちゃんと発表しました。給料はもう払えません。
ここにあるものは皆さんで使ってくださいと。
その後、中国人とイギリス人が戻ってきた。再び来たイギリス人
は以前のような横柄な態度ではなかった。
マレー人は日本人から多くのことを学んだのです。
マレー人も以前のマレー人ではありませんでした。




 ― マラヤでの大東亜戦争を、いまイスマイルさんはどう
思われていますか。

イスマイル
 ― DAITOUASENSOUは感謝しています。DAINIPPONが来なければ今のマレーシアはなかった
でしょう。最大の感謝の気持ちは変わりません。


-------------------------------------------------

戦前,戦中の日本人.
本当にすばらしかったんですね.

「アジアを解放する」という名目だった大東亜戦争.

こじつけだという人もいますが,いえいえ,そんなことは
ありません.

事実,マレーシアという国があるのですから.






posted by Ojiron at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 親日国を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その話は湾曲されていると思います
Posted by at 2011年01月20日 23:09
湾曲って何ですかw
日本語でどうぞ
Posted by at 2011年11月24日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。