2008年05月09日

安倍前首相,やるなあー!

2008年05月08日

歴代首相と朝食会 安倍氏はチベット問題に懸念表明 
小泉氏は姿見せず
(産経新聞 2008/05/08)     


 来日中の胡錦濤中国国家主席は8日午前8時から、
東京都千代田区のホテルニューオータニで、中曽根康弘、
海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相と朝食会を開いた。

ここ10年間の日中間のわだかまりを超えて「暖かい春の旅」の
演出を狙った会合だが、安倍氏はチベットなどの人権状況への
懸念を表明。

 靖国神社参拝をめぐり、胡主席と遺恨を残す小泉純一郎
元首相は姿をみせなかった。

 朝食会は89歳と最年長の中曽根氏の主宰で開かれた。

入り口で中曽根氏らに出迎えられた胡主席はにこやかに握手を
交わし、

「みなさんとお会いできて大変うれしい。
このように一堂に会するのは初めてであり、かなり創造的な形だ」

と謝意を表明した。


 中曽根氏は

「第4の政治文書である7日の日中共同声明は歴史的な意義がある。
今まで日中関係は必ずしも良好ではなかったが、共同声明により
新しい展開が可能になるだろう。
双方ともに努力し合おうではないか」

と来日の成果を高く評価した。

 一方、安倍氏は
「戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない
関係を作っていくことが重要だ」
と述べ、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶え
させたことを暗に批判


 その上で
「北京五輪を前にチベットの人権状況を憂慮している
ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、五輪を行うことで
チベットの人権状況が改善される結果が出ることが重要だ
とクギを刺した。

 さらに安倍氏はウイグル問題にも触れ、東京大に留学中の平成10年に中国に一時帰国して逮捕されたトフティ・テュニアズさんについて「彼の家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と述べた。


 胡主席はトフティ氏について
「私は知らないので、しっかりした法執行が行われているか
どうか調べる」
と応じたが、チベット問題について言及はなかった。

 安倍氏の発言を受け、会場は気まずい雰囲気が漂ったが、
森氏は「アフリカではリビアを含めた53カ国が『アフリカ合衆国』
を作る動きもあるが、アジアにはない。
日中間が協力して新たな枠組みを作ってはどうか」
と提案。

北京五輪について
「日本でもっとも成功を願っているのは日本体育協会会長であり
日本オリンピック委員会理事である私だ。
2016年の東京五輪招致ではぜひ協力をお願いしたい」
と要望した。

 海部氏は東シナ海のガス田問題について
「だんだんよい方向で進んでいるようなので、ぜひその方向で
進めてほしい」
と要請した。

-----------------------------------------------------------


久しぶりに,話題になりました,安倍前首相.

首相経験者の中で,ひときわ存在感を見せてくれました.

えーっと,あとの方々は売国奴ですか?


単なる中共の「ごきげんとり」になり下がった面々.


言うことは,はっきりと言う.

そんな当たり前の政治家以外は,とっとと退場して
欲しいものです.



<参考サイト>

・国際派日本人養成講座: 人物探訪;安倍晋三 〜 この国を守る決意


・東京財団前会長 日下 公人氏:日本の経験がこれからの世界を動かす

posted by Ojiron at 01:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国への反論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

「あいまい外交」など,とんでもない!

ジャーナリスト 櫻井よしこ氏のサイトにこんな記事が
掲載されています.



「 中国の陰謀、カナダの反日教育 」

『週刊新潮』 '06年6月29日号
日本ルネッサンス 第220回

カナダ・トロント在住の日本人の方から憂慮すべき手紙を受け取った。
カナダで反日教育が進行中で、背後に中国共産党の情報宣伝活動がある
というのだ。寄せられた情報はざっと以下のとおりだ。


「第二次大戦アジア史保存連盟」(通称ALPHA)という団体が企画して、
カナダのオンタリオ州の歴史、社会科の教員24名を2004年夏、上海、
南京等各都市に送り込み、研修を行った。
用はALPHAが負担、現地での研修及び旅行日程の概要もALPHAが決定した。

研修に参加した教員たちは、カナダに戻った時点で、オンタリオ州
教育省の教育課程担当部に手紙を書き、第二次大戦に関する歴史のなかで、
アジアにおける出来事、つまり、“中国における日本軍の暴虐”を全く
教えてこなかった従来の歴史教育を是正するよう、要求した。
ALPHAは05年7月にも、第2次研修視察団、20名を中国に送り込んだ。


そしてオンタリオ州教育省に変化が生じた。05年版の10年生(高校1年生)の
教育課程に、第二次大戦における重要な出来事として、ナチスのユダヤ人
大虐殺と並んで、日本軍による“南京大虐殺”が、はじめて加えられたと
いうのだ。

情報を寄せてくれた邦人の方は次のように指摘している。

オンタリオ州にはカナダの総人口3,200万人の3分の1が在住しており、
同州で反日教育が確立されれば、反日の価値観は全カナダに広がっていく。
自分たちの力だけでは対抗出来ないと。

“南京大虐殺”が虚構であることは北村稔氏の「『南京事件』の探究」
(文藝春秋)などでも明らかだ。
にもかかわらず、これを真実として世界に広める反日情報戦略を日本は
見過ごすわけにはいかない。
そのような反日活動団体、ALPHAとは一体どんな団体か。


拡大する反日情報工作


『文藝春秋』の今年6月号によると、ALPHAの名前がはっきりと浮上したのは
98年だ。アイリス・チャン氏の『ザ・レイプ・オブ・ナンキン』の宣伝
及び販売に協力した中国系団体で、「世界抗日戦争史実維護連合会」の
傘下団体である。

右の連合会は「中国国営の新華社通信とつながるウェブサイトを持ち、
中国政府からの直接の支持を得て、中国の主要都市で種々の集会を開いて
いる」と報じられている。

つまり、同連合会は、虚構を素材として日本非難を徹底するのが目的の
中国政府直轄の団体で、傘下のALPHAも同様ということになる。

カナダ人はカナダの大自然を映し出すかのようにまっすぐで素朴な人々が
多い。
その国で、中国共産党の意向を受け、日本を貶めることを使命とする
ALPHAのような団体が、潤沢な資金で悪意に満ちた反日情報戦を実践すれば
絶大な効果を生み出すことだろう。
現にオンタリオ州教育省は、いとも容易に “南京大虐殺”をナチスの
ホロコーストと並べて教える方針を取り始めた。

このような動きはカナダのみに限らない。

アジアでもアフリカでも、世界中で進行中だ。
日本政府、とりわけ外務省は、こうした実態にどう対処しているのか。
日本国の総力をあげて中国の反日情報宣伝戦に対抗しなければならないに
もかかわらず、そのような認識は極めて稀薄である。


日本がすべきことは、南京大虐殺は実は存在しなかったという個々の
歴史事実の説明と共に、より大きな枠組みで中国共産党の真の姿を
世界に知らしめることだ。

その枠組みのなかで、“南京大虐殺”や、江沢民時代以来言い始めた
“日中戦争での日本軍による犠牲者は3,500万人”などの説は事実ではなく、
むしろ、国民の命を犠牲にすることなど気にもかけないという
中国共産党自らの行動原理を卒準にして考え出した虚構だということを、
世界各国に周知徹底させていくべきなのだ。

---------------------------------------------------------

日本の美徳とされる「沈黙」や「あいまいさ」は,21世紀では,
排除する必要があるかもしれません.

特に「歴史」の面においては...

中国,恐ろしい国です.

費用を全額負担して,カナダから教員に洗脳活動を行う訳ですか...


「南京大虐殺」は,全くのデタラメなのははっきりしているんですが,
そこは中国ですから,捏造,歪曲,なんでもござれ,ですよ,ホント.

本文にもありますが,カナダの純朴な方達は,このプロパガンダを
まるっきり信じてしまう可能性大です!

このことをもっともっと,否定して真実を公表していかないと,
「日本」は「ナチス」と同列に認識されてしまいます.

これは,安部首相にハッキリと否定していただきたいものです.




-------------------------------------------------------------
洗脳洗脳
スコット・ローゼンバーグ デビッド・ナッター ケイティ・ホルムズ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2003-06-25
売り上げランキング : 80604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Ojiron at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国への反論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。